鍵修理のプロにお任せする状況!今の鍵の状態を調べてもらいましょう

鍵を落としたときに行う

ドアノブ

より防犯性を高める

住宅には玄関があり、玄関部分にはドアノブが付いているでしょう。タイプは様々で、かつてはワンロックタイプが一般的でした。最近は防犯を意識してかツーロックタイプが増えています。鍵を開けて侵入しようとする人は、鍵を開けるための作業が必要になります。ツーロックはワンロックの2倍の作業時間が必要になるので、侵入しようとする人は避けるようです。ただし、鍵によって防犯性能が異なるため、古いタイプの鍵だとツーロックでも簡単に開けられるときがあります。鍵を落としたとき、合鍵があれば一応そのまま住めます。しかし、落とした鍵を自宅を知る人に拾われれば、その人に入られる可能性があります。防犯のためにもドアノブ交換をしておいた方がいいでしょう。ドアノブ交換をしてもらいたいときは、鍵の専門店に依頼をしましょう。鍵開けなどだけでなく、ドアノブ交換なども行ってもらえます。この時にはドアノブのタイプを選べます。できるだけ防犯性の高いタイプを選ぶようにしましょう。古いタイプの鍵はピンシリンダーと呼ばれます。鍵師と呼ばれるような人なら数秒で開けてしまうようです。あまり防犯性が高いとは言えません。ドアノブ交換の時にはディンプルキーを選ぶようにしましょう。鍵にギザギザはないものの、鍵の表面にでこぼこがあります。このでこぼこで鍵を開けます。ワンロックタイプの鍵だとドアノブそのものを交換するときもありますが、ツーロックタイプは鍵穴部分のみを交換してもらいます。ツーロックなら2か所交換してもらいましょう。

Copyright© 2018 鍵修理のプロにお任せする状況!今の鍵の状態を調べてもらいましょう All Rights Reserved.