鍵修理のプロにお任せする状況!今の鍵の状態を調べてもらいましょう

空き巣被害を防ぐには

鍵

高性能の鍵がカギ

住宅への侵入窃盗犯罪が後を絶ちません。空き巣の侵入の手口として多いのが窓のガラスを破っての侵入、次に多いのが戸締りのし忘れを狙っての侵入、そして玄関ドアなどのドア錠破りとなっています。戸締りのし忘れはちょっとの外出などでも施錠するという心掛けで防ぐ事が出来ますが、窓や玄関ドアなどからの侵入はどうすれば防ぐ事が出来るのでしょうか。窓ガラスの場合、中央部に付いているクレセント錠を狙って窓ガラスを割り、手を差し入れて開錠するのが空き巣の手口です。効果的なのは窓ガラスを割られないように防犯合わせガラスに変える事です。しかし、家中の窓ガラスを交換するのは費用が膨らんでしまいます。費用を抑えたいのなら鍵修理業者などが行っている補助錠を取り付ける工事がリーズナブルです。施工する手間も少なく、鍵修理業者に依頼する場合、1万円から2万円前後の費用が目安となります。ドア錠はピッキングに強く、防犯性の高いディンプルシリンダー錠やロータリーシリンダー錠などの鍵に取り替えたいものです。さらに1ドア2ロック以上にしておくと防犯性はより高まります。高い防犯性を誇る製品には警視庁お墨付きの「CPマーク」の付いた製品を選ぶと良いでしょう。侵入に5分以上かかるとされるモノだけに許された製品だけが貼れるマークなので、選ぶ時はこのマークがあるかどうか忘れずにチェックしましょう。鍵修理業者に依頼する場合の費用の目安しては、こうしたCPマークが付いた鍵で出張費や作業費で1万円〜2万円前後、部品代で1万円〜3万円が目安となります。費用全体はあくまで目安であるので、事前に複数の鍵修理業者からきちんと見積もりを取る事をおすすめします。

Copyright© 2018 鍵修理のプロにお任せする状況!今の鍵の状態を調べてもらいましょう All Rights Reserved.